泡の成分(脂肪酸の種類)

間違った美容定説= 弾力がある泡=良い石鹸 ×

元々、泡の役目は汚れを浮かせたり、クッションとなって摩擦などで肌が傷つくのを守ることです。
泡の性質は、石鹸に含まれる成分が決め手です。
石鹸に含まれている脂肪酸の種類や配合量によって、泡立ちの持続力、洗浄力などが決まってしまいます。
代表的なものはラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、オレイン酸などです。
脂肪酸には、飽和脂肪酸不飽和脂肪酸があります。

飽和脂肪酸

ラウリン酸は起泡性が大きく、冷水に溶けやすい。
洗浄力あるのに、崩れない。
硬く、酸化安定性がある。
欠点は、肌が乾燥しやすい。
ココナッツ油やパーム核油に多くふくまれています。

ミリスチン酸は、泡の持続性があり、冷水に溶けやすい。
硬い、酸性安定性があります。
ココナッツ油やパーム核油に多く含まれています。

パルミチン酸は、硬く泡の持続性があり、冷水に溶けにくい。

カプリル酸は、長鎖脂肪酸なので抗菌性がある?
欠点は、肌に刺激性があり、洗浄力がない。

不飽和脂肪酸

オレイン酸は人間の皮脂に多く含まれ、洗浄力がある。
肌への刺激が少なく、水に溶けやすい。
多く含む油は、オリーブ油、ヒマワリ油やアボガド油。

リノール酸は、オレイン酸よりも柔らかく水に溶けやすく洗浄力は、悪い。
また、酸化しやすい。
他には、必須脂肪酸である月見草油に含まれるガンマリノレイン酸などがあります。

最近ではブームなのか、泡の弾力を増すためにゲル化剤や増粘剤として多糖類が入っています。
多糖類は元々、食品の食感を変えるために作られたもの。
増粘多糖類には、キサンタンガムやタマリンドガムなどがあります。
多糖類は菌糸類(カビやきのこ類)の細胞壁の主な成分なので、栄養分となります。
肌に良いと言われているヒアルロン酸も保湿と泡の弾力を変える理由で配合されています。
増粘剤は、配合量や分子の大きさによっては、保湿の面でしっとりという感じよりもべとつく感じになる時があります。
時々、泡の固さが何時間も持続しているのを売りにされている写真を見ますが、増粘剤などが多く配合されていると思うと個人的には好きにはなれません。
現在、泡の弾力や保湿が重視されているのか、ほとんどの洗顔料に入っています。