石鹸の製造方法

石鹸の製法には、大きく分けて3つあります。

コールドプロセス法 \これが一番オススメ/

40°C前後の低温でじっくり鹸化するため、熱に弱い美容成分が変質・劣化しない。
水を捉える力が強いので、溶けやすいのが欠点。
完成までに 2ヶ月~3ヶ月かかるため大量生産ができません。

釜炊き法

高温で、長く煮込んで鹸化するため、熱に弱い成分や不飽和脂肪酸等は、変質・劣化する。
一般的に無添加石鹸と呼ばれるのはこの製造法。 完成までに、5?10日間と短い。

塩析法

油脂と水酸化ナトリウムをよく混ぜ、加熱し石鹸素地を作ります。これを塩水で洗います。
石鹸成分は塩に溶けないため、塩析の段階で保湿成分であるグリセリンは分離してしまいます。不純物が少ない 純度が高い石鹸になります。こちらも加熱しているため、熱に弱い成分は劣化する可能性がある。

中和法

予めグリセリンや不純物を除いた「脂肪酸」をアルカリと反応させ、石鹸を作る方法。純度が高く洗浄力が強い。脂肪酸の組み合わせにより、特長のある石鹸を作ることができる。ただし、保湿成分を後から足さなければいけない。
完成までの期間は、5時間程度と短いため大量生産に向いている。大手メーカーの石鹸は、ほとんどこれです。

返金保証を確認する

肌質は人それぞれですので、自分には残念ながら合わなかったということも考えられます。初めは何の問題もなく調子が良かったとしても、トラブルがしばらくしてでてくることもあります。
自分には合わなかったものにお金を支払うのは辛いものなので、できることなら返金保証のついた商品を選んでいただきたいものです。とはいえ返金保証でもいろいろなパターンがあり、開封してしまったら返金できない場合もありますので要注意です。
また返金保証の期間にも注目すべきで、それが数日だった場合は、あまり長く試すことはできないということなので、あまり意味がないのかもしれません。中には返金保証の期間30日という会社もあります。購入者にとっては保険になりますのでまずは気軽に試してみてはいかがでしょうか。